ご参加おめでとうございます!

「集客・販売・マーケティング」を重要な仕事だと考えて、それに取り組もうとされたことに感謝したいと思います。「集客・販売・マーケティング」はお客さんに対する仕事でもあるのですが、ほとんどの人は目を向けようとしていないのが、業界に多い現状です。

あなたが参加された「工務店経営学部」は、弊社が提供しているプログラムの中で、コスパ良く簡単に結果につながるサービスです。なぜなら、業界誌が取り上げるような住宅業界に出回っている手法ではないからです。他の業界で上手くいっていることを、住宅業界に落とし込んで実践してもらっています。

そのため、より確実に成果を出すために、ご利用の上での注意点をまず、お話ししておきたいと思います。

「どうすれば⾃社で使えるか?」と問いかけしてください。

「工務店経営学部」に掲載しているノウハウは、他の業界で上手くいっていることも住宅業界に落とし込んで、かなり使いやすく提供しているつもりですが、そのままあなたの会社に使えるかはわかりません。多少の工夫は必要になると思います。

なので、手法を活用するには、自分にどんな問いかけするかで、成果が異なります。例えば「どうすれば使えるだろう?」と、成果の出る問いかけを常にするようにしてください。この問いかけをして、見るようにしていただければ、結果が出る確率は圧倒的に上がります。

『ウチの業界では使えない』『ウチのお客さんはこんなのには反応しない』という考えになると、どんなに良いノウハウを学んだとしても、脳は【できない理由】を探してしまい、成果には繋がりません。同じ情報を受け取っても「どうすれば使えるか?」という問いかけをしている人の方が圧倒的に結果を出しやすいのです。

集客・販売・マーケティングは⽣命線

注文住宅を中心とした事業の場合、新規客が獲得できなくなったら潰れてしまします。リピートのあるリフォームでも、リピートまでの期間が長いため、新規客が獲得できなくなれば、厳しい状況に陥ります。また、どんなに素晴らしい住宅を提案しても、どんなに高品質な住宅を建てていたとしても、どんなに優秀な人材がいたとしても、同じです。

つまり、集客・販売・マーケティングは、事業の生命線であり、それを止めてはいけないということです。

歴史を振り返って見ても、事業主にとってしなければならない重要なことは、

  • マーケティング(集客と販売)
  • 商品&サービス改善

この2つになります。

商品改善は、おそらく既に一生懸命取り組んでこられてると思います。なので、大切なのは、マーケティングすること。そこに常々、頭を使い、投資をし、努力し続けることじゃないでしょうか。
集客・販売さえできていれば、大抵のことは何とかなります。

なので、あなたが事業主である限り、最高の責任者である限り、マーケティングは一生取り組むべき仕事なのです。たとえ、「工務店経営学部」があなたのお役に立たなかったとしても、マーケティングの仕事を放棄することはしない方がいいでしょう。それを放棄するという事は、売上が上がっても下がっても、集客や販売を流れのままに身を任せてることになります。つまりは、運頼みということ。

あなたの事業は、あなたができるかぎりコントロールできた方がいいわけです。そのためにも、マーケティングの優先順位を高め、常に考える必要がある仕事としましょう。

半年くらいは継続してみてください

最低でも、6ヶ月くらいは「工務店経営学部」でマーケティングの事を学ぶことをオススメします。

どんな人でも新たな事にチャレンジする時は、成功曲線を描くと言われています。つまり、最初の時点から、自分のイメージするゴール地点まで、一気に一直線に進むと思いがちですが、実際は、学習プロセスは、このグラフのような曲線を描きます。すると、自分が持ってるイメージとのギャップが生じるため、焦ったり、自分のやってることは間違ってるんじゃないかとか、疑念が生まれてきます。しかし、続けているうちに徐々に、いろんな事が分かってきて、一気に成果が出だす、、、というわけです。

あなたが既にマーケティングに対していろんな予備知識があれば、こんな曲線を描かずとも、すぐに使えて結果がだせるでしょう。しかし、なかなか成果に結びつかないな、、と焦ったときには、この成功曲線を思いだしてください。誰だって、最初はこんなプロセスをたどるもんです。

本質的な方法と、直ぐに活用できるものを提供

「工務店経営学部」では、流行に左右されない本質的な知識や方法と、直ぐに活用できるものを提供しています。そのために、弊社では、様々なところから知見やノウハウを仕入れています。しかもそれらは、理論ではなく実践された効果があるものをベースにしています。

業界内の情報に振り回されずに、

  • あなたの家づくりをもっと広げましょう
  • 良さをしっかりと伝えてもっと多くの人に届けましょう

そのお手伝いができれば幸いです。

株式会社デザインアトラクト
井内智哉

よくある質問

マイページ(アカウントページ)とは?

マイページ(ご自身のアカウントページ)では、「会員様だけの特別なお知らせ」と、「会員コンテンツのお気に入り(ブックマーク)」ができます。